一樹のホットブログ

毎日ホットニュースを一樹がお届け!
 

2014年01月19日

浜松・集団食中毒>パン工場従業員からノロウイルス検出

松市の小学校で給食パンを食べた児童らが集団食中毒になった問題で、市は19日、パンを製造した菓子製造会社「宝福(ほうふく)」(同市東区)の女性従業員3人の便からノロウイルスを検出したと発表した。

連鎖になってますね。。。
私も子供もなりましたが、本当これは辛い。。。


posted by 一樹 at 21:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ネットで「不審者」狂想曲 夜道で泣く女児を保護はNG?

夜道に1人で泣いている女児がいる。だが、うっかり声をかけると不審者扱いされて通報されてしまうかも−。そう懸念し、女児に話しかけずに警察への連絡にとどめた男性の対応をめぐって、ネットで大激論が交わされている。「安全」な社会を希求するあまり、失ったものがあるのではないか。議論は、日本社会のあり方にまで発展をみた。

確かに男性が声をかけると不審者扱いになりそうだし。。。だけど、ほっといたら危ないし。
簡単な様で難しいですね。。。
posted by 一樹 at 21:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

汚物を素手で清掃=カースト呪縛、130万世帯―禁止法にも抜け道・インド

ラジュ・ラジョリアさん(45)は「私の手は汚れている」とつぶやいた。インド古来の身分制度カースト制の底辺「不可触民」出身で、父も祖父も代々、くみ取り式トイレや下水管を素手で清掃する仕事が生業だった。1日の稼ぎは200ルピー(約320円)程度。ヒンズー教の神々の像に手を触れることすら許されず、貧困と差別にまみれて生きてきた。
 カースト制のどの階級からもはじき出された不可触民はインドの全人口12億人のうち約2億人とされる。身分差別廃止を定めた憲法施行から64年が過ぎた今も、その大半が過去の呪縛に縛られている。

こんな仕事絶対嫌だ!!!!!時給が良くてもやらないよね。。。
可哀想だな。。。
posted by 一樹 at 21:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。